peanutsjamjamのアイデアマン日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-25

[]グループリングの間がほしい グループとリングの間がほしい - peanutsjamjamのアイデアマン日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - グループとリングの間がほしい - peanutsjamjamのアイデアマン日記

グループ

グループ日記(こことか)に書くと、グループメンバーは見てくれるけれど(多分)、いつもの普通ダイアリーを読んでいてくれる人はあまり見にきてくれない。(ちがうページなのだからあたりまえなのだけど。)

「内容としては ideaman グループ日記に書くべきなんだけど、見られやすさ、page viewの多さから言うと、自分の普通ダイアリーに書きたい」と、心が引き裂かれる(てのは誇張しすぎだけど)感じだ。同じ内容を2回、どっちにも書けばいいのか?(なんか、それって、美しくないよな。データベースでも「正規化」とか習うし。)

グループ日記が、はてなシステムにおいて、脇に追いやられている感があるのが大きな原因だけど。お隣り日記に表示されないとか、いろいろ。

リング

リングは、その人がどんなことに興味を持っているのかを知るには、少し便利。でも、そのリングの内容に自分も興味を持った場合、リング画像クリックすると出てくるリンクnext とか prev というのをクリックしても、そのリングに関係ない記事が出てくることはよくある。

とんだ先のページで、そのリングに関係ありそうな記事を自力で探しなおさないといけない。

もっとこう

もっとこう……、普通日記の記事を、興味で串刺しにするような機能があればいいのに。

興味で記事を串刺しにする機能として、記事にカテゴリをつける、というのがあるけれど、カテゴリ名で串刺しにできるのは、その人の日記の内側だけなのが問題なのかも……。

著作権」というカテゴリ名を使う人もいれば「copyright」というカテゴリ名を使う人もいる。このせいで、複数人の日記を横断してのカテゴリでの串刺しがほぼ不可能になっている。

グループでもなく、リングでもない、何か。

ナニカ

仮の名前を「ナニカ」とする。いい名前が思い浮かばないので。

「ナニカ」には、グループと同じように、参加したい人が参加できる仕組みを作る。

でも、「ナニカ」内には日記を書く機能はない。グループとは違う。

たとえば私が、安倍なつみのファンだったとすると、「安倍なつみナニカ」に参加する。そして安倍なつみに関する記事を、自分の普通ダイアリーに書く。そして、その記事に「この記事は『安倍なつみナニカ』に向けた記事ですよ」というマークをつける。

すると、「安倍なつみナニカ」のページには、そのようなマークがついた記事が、他の人が書いたものも含めて、ずらっと列挙される。

あ、そもそも「参加する」っていう動作はいらないかもな。記事を書いてみたら、「これって『安倍なつみナニカ』の人たちに見せてあげたいな」ということになるかもしれない。その時点で、「安倍なつみナニカ」に参加してはいないけれども、外部から「協賛テキスト」、みたいな形で、お知らせできるだけでいいのかもしれない。

まあ実際は、ほんとに心からそういう機能がほしいのか、というと、よくわからない。

単に、「こんなアーキテクチャがあったら、そこで行われるコミュニケーションのあり方はどう変わるだろう」みたいなことを、一人でうだうだ考えてるのが楽しいだけかも。

YuichirouYuichirou 2006/09/25 21:38 関連しそうなサービス (4)
・はてなダイアリーのキーワードリンク
・はてなブックマークのタグページ
・はてなRSSのキーワードウォッチ
・ジャンル別トラックバックセンター

YuichirouYuichirou 2006/09/25 21:43 「ジャンル別トラックバックセンター」が一番近いんだと思う。Six Apart(Moveable Typeの新機能としてトラックバックを発明した会社)によるトラックバックの紹介に、次のような記述があります。
『Aさんは、何人かの人たちが興味を持つような話題についての記事を書いた。これは、内容の集合の形式である――中心となるサーバーにトラックバック・ピングを送ることによって、訪問者はその話題についてのすべての投稿を読むことができる。例えば、ジャスティン・ティンバーレイクについてのウェブログ記事を集めているサイトを想定してみよう。JTについて読みたい人は誰でも、このサイトを見れば、他のウェブロガーたちが新しいアルバムについて、雑誌の写真について、などを語っている最新記事を常に把握できるわけである。』
引用元:トラックバックって何ですか? [はじめてのウェブログ [weblog for beginners]] (http://kotonoha.main.jp/weblog/000138_trackbackguide.html)

peanutsjamjampeanutsjamjam 2006/09/26 00:00 コメントありがとうございます。紹介していただいた記事を読んでみました。あと、トラックバックセンターという単語で google してみたのですが、まず、そういうものがあるということを知りませんでした。トラックバックってのは、記事に対して行われるものと思っていたんですが、それだけではなかったみたいで……。

ゲスト



トラックバック - http://ideaman.g.hatena.ne.jp/peanutsjamjam/20060925